不倫の時間

貴方が今より少しでも幸せを感じられますように…

…心中お察します。 
普通に振舞っていても正直なところかなり悩まれているのがよく判ります。

不倫がいいか悪いか…?
それの答えはきっともうご存知のように“別にいいじゃん”という意見と“良くない、やめとけ”という両方の意見が並べられるだけでしょう。
貴方は“相手がどうするか判らない”から…落ち込んでしまっているのでしょうか…。
それは相手次第…。 貴方がいくら思い悩んでもどうにも出来ません…。
“子供”や“家族”というものの繋がりは傍から見える以上に意外に重く、とても大きく、やはりそれを壊し切り捨ててまで不倫相手に(あなたへ)…と、そういう答えを出す人はやはりとても少ないものです。 

いわんや、相手の方が家族と別れたとして…選ばれた貴方は選ばれた事の幸せは感じ得れますが、今の位置では“家族を壊し引き裂いた人…”という側面を持ってしまう…。貴方自身の中にも、相手や相手の家族の中にもです…。

もちろん、“それでもいい”と思うのか“それはどうも…”と思うのかは貴方次第。 そういった“どちらがいいのか”という答えは…“貴方自身が選んだ答え”が貴方にとって正しいものになるはずです。  

貴方はその相手の方が好きで、今の関係を続けたいのに“それを続けるべきかどうか”で悩まれていますが…、私は何より“どちらにも答えが出ない”今のその貴方のいる“場所”というか…その“位置”が不安であり、その時間が“不快”なのではないかなと感じました。 
それはきっと今の状況が“相手次第”であり…もしかして相手もはっきりしないから…かもしれませんね。
“自分の幸せ”というものを改めて考えておられてもいるのでしょう…。 
“良いか悪いか…”それは先に進まなければ残念ながら今いくら答えを探しても見つかりません。 

ですが、少なくとも今貴方がいる“不安”な場所からは一歩前へ進み出す事は出来るものです。今の貴方のいる場所…『いつ…、一体どうなるか判らない…』は、抜け出そうと思えば抜け出せるものです。  自分が“答えを得よう”と思うならばね。 

人は期限のないものになかなか答えを出そうとしません。 
“今の状態はそんなに悪くない…”と思う気持ちがあり、それに甘えてしまう時には特にです…。人はどちらに進んでも痛みがあるなら、そのことから目をそらしたくなるものです。 
だけど“期限”があるなら…必ず答えは出てきます。 
望むものであろうがなかろうが答えが出てきます。 自分の中にも…相手の中にも…。 
それでどのような結論を相手が出したとしてもそれは相手の決断です。 決して貴方のせいではありませんし、もちろん相手の家族のせいでもありません。

もちろん、そうやって出した答えを貴方は後で後悔するかもしれないし、“やっぱり…”と、ずっと先になって思う事もあるかもしれませんが…そう思ったならばその時はその時にまた新たに幸せへの答えを求めたらいいのですから…今思い悩んでしまう事ではないものです。 
それに…多くの場合そうはならないようです…。 

ほとんどの場合…誰しもが一番後悔してしまうのが…今の貴方のように…どうなるか判らない不安の中でただ時間だけが流れてしまう事です…。 

たとえずっとずっと先の時間にその相手が貴方のところへ来たとしても…或いはずっと先に結局貴方が捨てられたとしたなら尚更の事…
もしかして別の時間が流れていたら貴方が今のその“止まった”ような時間を過ごしていた間、別の貴方は輝くような幸せを感じていたのかもしれないというのを後から思い知らされるのですから…。  その時にはもう“今”には戻れないのですから…。

確かに不倫にも色々な形があります。 私もよく知ってます^^;。 ですが、それを聞いたとしても、誰かの話しを聞いて“私と同じだ…”という束の間の安心感を得てしまうだけで、貴方の幸せに繋がる答えを見つけられる事は残念ながら少ないでしょう…。 
実際に、不倫の形は100人100様で全く貴方と同じという訳にはならないのです…。 
例えば…不倫相手の仕事が同じようで不倫相手の性格が同じようでも、その相手の年収や相手の周りにいる人達は異なり、自分の両親の性格や貴方が誰かから受ける言葉も“話しを聞いた相手”と全く同じという訳にはならないのですから…。

今貴方はきっとどこか重苦しくどこか晴れない気持ちが心を占めてしまっているかもしれませんが…その心の中が晴れ渡って幸せをいっぱいに感じる時間は必ず来るでしょう^^。
なにせ…貴方は妻子を既に持っている人でさえ貴方を欲しがってしまうほどの魅力を持っている人なんですからね(笑) それは間違いのない事です^^。

私は決して偉そうな事は言えない種類の…昔は色んな女性と付き合い、そしてその相手やそういった関係から色んな事を学んだそんな人間ですが(汗)、  貴方にもしその苦しい気持ちを吐き出して聞いてもらえるような人がいなかったり、誰にもその悩みを明かせる人がいなくて、誰でもいいから話しを聞いてほしい…聞いてもらうだけでも誰かいればいいのに…とそう思えてしまう時があるなら、こんな私でもよければいつでも話しかけてください。 あなたとは少し形が違いますが今私もあなたと同じように不倫という負い目を持っていますし、あなたが相手を思っているのと同じように私も相手を大事に思っていますから…話を聞いてあげることくらいは出来るでしょう…。

貴方が今より少しでも幸せを感じられるよう…そう願っています。。。

長々と書いてしまいました…。 
このメールは捨ててください。
[PR]
# by mahounokagi | 2007-03-25 18:20



少しでも幸せを感じられますように…
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧